トップ > NEWS 最新情報 > 避暑地「駒ヶ根高原」

お知らせ・イベント情報

避暑地「駒ヶ根高原」

◆長野県、南信州「駒ヶ根高原」は避暑地です。

今年の夏もやっぱり暑い!関東、中京、関西、そして全国的に今年の夏は本当に暑い!

それが実感でしょう。

今お住まいのところはいかがでしょうか?

まだまだ大都市圏では昼間は太陽の陽射しと、アスファルトからの照り返し、そして熱風。そして夜も寝苦しい温度と湿度。

でも、駒ヶ根高原は別世界。昼間は確かに太陽の陽射しが強ければ暑いことは暑いのですが、ちょっと木陰に入ればアルプスからの天然クーラーの風が高原に吹き渡ります。

夜の気温は22~26℃くらいでしょうか?夕方から朝方にかけては涼しい風がそよ風となり、寝苦しい夜とは無縁の避暑地となります。

長野県の避暑地と言えば、「軽井沢」「蓼科」「美ケ原」「八ヶ岳」「清里」「白馬」「上高地」「安曇野」「志賀高原」などたくさんの名前が上がります。でも避暑地の穴場として高原リゾートである、ここ「駒ヶ根高原」は非常に便利な場所にあるアクセス抜群の避暑地です。

【駒ヶ根高原の避暑地としての良いところ】

1、とにかくインターから近い

  中央高速道(中央道)駒ヶ根インター下車3分、インターを降りたら、まったく山道を走らず、くねくね道はまったくなく到着できるものすごく便利な高原リゾートです。

2、都会からでも気軽に来れる距離感

  名古屋からなら車で約2時間、東京からなら約3時間、大阪からなら約3時間30分と高速道路を使えば非常に近い距離感にあります。

  また、それぞれの都市圏からは高速バスも便利に使え、気軽に訪れることができるのが駒ヶ根高原です。

3、周辺に魅力いっぱい

  駒ヶ根は観光施設もたくさんあります。なかでも外せないのが「中央アルプス、駒ヶ岳ロープウエイ」です。

  標高850mの駒ヶ根高原から中央アルプス千畳敷のある2600mを超える場所まで、専用バスとロープウエイで約1時間弱、本格的なアルプスの山並みの麓に立ちことができます。

たかが2600mと思うかもしれませんが、こんなに高い位置まで、気軽に来れるのはここ千畳敷だけかもしれません。

森林限界を超えた世界は何より空気、そして空の青さが違います。空の青さは高地でしか味わうことができない、圧倒される場所ですののでぜひ駒ヶ岳ロープウエイで千畳敷カールを体験してください。

また、周辺には工場見学のできる場所や、ファミリーで遊べる場所などもあります。

例えば「かんてんパパガーデン」「養命酒造工場の工場見学」「マルスウイスキーの工場見学」「南信州ビールの工場見学」「北川製菓のお菓子工場見学やアウトレット商品のお得なショップ」「大田切川の河原での川原遊び」「駒ヶ根高原の森で昆虫採集、カブトムシやクワガタムシなど」

そして美味しい食べ物(グルメ)もいっぱいです。

おなじみB級グルメの「駒ヶ根ソースかつ丼」「地産地消の美味しいお料理」「地元スタッフが教えるこだわりのレストランや食堂」いくつもの魅力が駒ヶ根には溢れています。

 

4、拠点としての駒ヶ根高原

 上記のようにたくさんの魅力が駒ヶ根にはありますが、そのほかにも駒ヶ根を拠点として信州を満喫するにも、駒ヶ根は便利な場所に位置しています。

例えば「松本城」「高島城」「諏訪湖」「塩尻のワイン畑」「中山道、奈良井宿」「妻籠宿」「馬篭宿」挙げればきりなく、駒ヶ根を拠点に周遊できるのが駒ヶ根です。

ぜひ、今年の夏は残暑も厳しくなりますので、駒ヶ根高原にお越しいただき、夏の疲れを癒しにお越しください。

画像234.jpg画像237.jpg

 

お電話でのお問い合わせはこちら 0265-82-8511

  • メールでのお問い合わせ
  • オンライン宿泊予約
最新情報 オンライン宿泊予約 空室・宿泊プラン検索
  • よくあるご質問
  • ホテル概要
  • 宿泊料金表
  • シェフのこだわり
  • あっぷる豚
  • 露天風呂 早太郎温泉
  • おすすめスポット